NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2020年10月31日

注文住宅をご検討中の方へ!玄関ドアの種類をご紹介します


注文住宅をお考えの方で、玄関ドアをどんな形にしようか迷われている方はいらっしゃいませんか。
玄関ドアには種類がたくさんあり、選び方を知らないと考えにくいでしょう。
そこで今回は、玄関ドアの種類や選び方をご紹介します。

 

□玄関ドアの種類


玄関ドアといっても形状によっていくつか種類があります。

まず、一番使われているドアとして有名なのが片開きドアです。
片開きドアは価格もお手頃で標準仕様として使用されているケースが多いのが特徴でしょう。
見た目がシンプルなため、デザインと色味がそのまま家の外観に反映されます。
そのため、いかに外観に合ったデザインを選べるかが大切です。

片開きドアの横に大きなガラスが入ったドアのことを片袖ドアと呼びます。
ドアの横にガラスから十分な光が入ってくるので、明るい玄関にしたい方にはおすすめでしょう。
もちろん、窓でも代用は可能なので、間取りと外観のデザインを見ながら決めると良いのではないでしょうか。

玄関ドアの中には、両開きで空けられるドアもあり、これを両開きドアと呼びます。
両開きドアは、開口部の広さがメリットで、大きな荷物を玄関から中に入れる時に非常に役立ちます。
また、独特な形状をしているため、住宅に重厚感を与えられます。
重厚感のある住宅に住みたいという方にはおすすめでしょう。

 

□玄関ドアの選び方


玄関ドアの選び方としてまず大切なのは防犯性です。
防犯性を意識するうえで、重要になってくるのは玄関ドアの鍵の種類です。
近年、注目を浴びている鍵の中に電子錠があります。
電子錠には電池錠タイプのものと電気錠タイプのものがあります。
電池錠は、ICカードをかざすものやリモコンキーを携帯している時にボタンを押すだけで施錠できるものなどがあります。
電気錠の場合、リモコンキーを身につけて近づくだけで施錠できるものやドア本と接続して操作するものなどがあり、実際に
両方のバージョンで使い勝手を確認してから選ぶと良いでしょう。

次に、間取りや広さに適したドアを選ぶようにしてください。
例えば、玄関スペースがあまり確保できない場合、開け閉めできるタイプのドアだと不便です。
この場合横にスライドさせる引き戸を選ぶのが良いでしょう。

他には外観に合わせたデザインや色選びも大切です。
玄関ドアは外観の印象を大きく左右するものなので、慎重に考える必要があります。
外壁と同じ色合いを選んでドアを目立たせないこともできますし、外観のアクセントにするためにあえて違う色を選ぶ事も
良いのではないでしょうか。

 

□まとめ


今回は、玄関ドアの種類や選び方をご紹介しました。
玄関ドアは種類が多いですが、玄関の間取りや広さに応じて選ぶと考えやすいでしょう。
また、玄関ドアは外観の印象を決める重要な要素なので、どんな雰囲気にしたいかを考えてデザインや色を選んでみてください。
当社は蓮田市で注文住宅の販売を手掛けております。
住宅の購入をお考えの方は、当社までお気軽にお問い合わせ下さい。

aqueneous
aqueneous