NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2020年11月24日

お住いの収納で気をつけたいポイントをご紹介します!


収納スペースをどう確保しようか迷われている方はいらっしゃいませんか。
家族で住む場合だと特に、収納スペースをできるだけたくさん確保したいですよね。
そこで今回は、収納で気を付けたいポイントやおすすめの収納スペースをご紹介します。

 

□収納の考え方


収納スペースを作るうえで大切なのは、奥行きや広さではなく壁面積です。
理由としては、奥行きがありすぎても、取り出しにくいというデメリットが生じるからです。

収納スペースにおいて使い勝手の良さは大切なことなので、できるだけ床面積ではなく壁面積を見て
いかに取り出しやすいかで収納スペースを決めると良いでしょう。
もちろん収納したいものによっては、奥行きも考える必要があります。
よって、基本は壁面積で収納スペースを考え、収納したいものに合わせて奥行きを計算することが大切です。

また、将来のライフスタイルに合わせて物を小分けにしておくと、収納で後悔しにくくなるでしょう。
大型収納スペースに物を入れ込みすぎると取り出すのが面倒になり、ただの物置きになるケースがあります。

さらに、生活動線を踏まえて収納スペースを確保できると、使いやすさが格段に変わります。
必要なときに必要なものがすぐに取り出せることが理想なので、収納スペースを作る際は、この収納スペースを
使うタイミングがどんな時かを想像しながら考えられると、失敗しない収納づくりができます。

 

□おすすめの収納スペース


洋服を収納する際におすすめなのは、ウォークインクローゼットです。
十分なスペースを確保できれば、衣替えをする手間も省けるのでお得でしょう。
出かける際に必要な衣類や小物などを一緒に収納しておくことで、準備がスムーズになるというメリットも
あります。

次に、リビングやキッチンの壁面を活用した、壁面収納もおすすめの収納方法です。
壁面収納は、床から天井まで壁全面を収納にすることで、収納スペースを確保するだけでなく、すっきりした
印象を与えてくれます。
見せ方を工夫すれば空間をおしゃれにできますし、取り出しやすいのも魅力の1つでしょう。

キッチンであれば、パントリーと呼ばれる収納スペースを作ることをおすすめします。
台所仕事に必要なものをストックしておくことや、長期保存がきく食材や飲料を入れておく場所として
パントリーを作ると良いでしょう。

 

□まとめ


今回は、収納で気を付けたいポイントやおすすめの収納スペースをご紹介しました。
収納スペースを作る際は、取り出しやすいことを第一に考え、収納したいものからおおよその幅や奥行き、高さを
計算しましょう。
収納スペースの作り方に困った際はぜひこの記事を参考にしてください。

当社は蓮田市で注文住宅の販売やリフォーム事業を手がけております。
住宅に関するお問い合わせがございましたら、当社までお気軽にご相談ください。

aqueneous
aqueneous