NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2020年12月29日

注文住宅をお考えの方へ!収納における失敗について解説します!


「収納で失敗したくない。」
注文住宅をお考えの方で、収納について考えている方はいらっしゃいませんか。
収納で失敗することはよくあることですが、なるべく失敗したくありませんよね。
そこで今回は収納の失敗例と失敗しないポイントを紹介します。

 

□収納の失敗例について


収納で失敗することは多々あります。
そこで失敗例を確認していきましょう。

収納で失敗する例として、使いにくい形状にしてしまうことがあります。
だからどのような形で収納スペースを作るかも重要な要素になってきます。
ここからは使いにくい収納を2つ見ていきましょう。

使いにくい収納の1つ目は、小屋裏収納です。
「フロア面積の半分まで」でかつ「天井高1.4メートルまで」は床面積の算定に含まれない収納スペースとして有効に利用できます。
しかし、はしごや急な階段が必要な小屋裏の収納スペースはとても使いにくいです。
出入口の際は安全に留意が必要です。

2つ目は、床下収納です。
よくあるのがキッチンの床に設置することです。
あまり収納力もなく、使いにくいこともあります。
しかし、床下点検口として利用できる点では無駄ではないでしょう。

 

□失敗しないために押さえておきたいポイントについて


収納スペースをきちんと確保することで毎日を快適に過ごせます。
そこでどのようなことに気を付ける必要があるのか見ていきましょう。

まず広さについてです。
必要な広さを検討するためには、どのくらい荷物を収めるかを把握することから始めます。
失敗しないためにも今どのくらいの荷物をおうちに置いており、今後確実に必要なものを含めるとどのくらいの収納スペースがあれば良いか確認するようにしましょう。

収納スペースの場所を決めるときは、動線を意識することが重要です。
キッチン用品でも掃除道具でも使うところに近い場所に収納すると、取り出したり片付けたりするのが簡単です。
例えば、お風呂で利用するバスタオルや下着、パジャマなどは脱衣所に収納しておくと便利ですよね。
使うものの位置をしっかり把握して収納スペースを確保することで、とても快適なおうち生活を過ごせるでしょう。

 

□まとめ


今回は、収納の失敗例と失敗しないためのポイントを紹介しました。
あらかじめ一般的な失敗例を知っておけば、同じ間違いを犯さずにすみますよね。
失敗しないためのポイントをもとにできるだけ失敗を防ぐようにしましょう。
不明点や疑問点がありましたら、お気軽に当社にご相談ください。
当社は蓮田市で注文住宅の販売やリフォーム事業を手がけております。
蓮田市の住宅に関するお問い合わせがございましたら、当社までお気軽にご相談ください。

aqueneous
aqueneous