NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2021年6月23日

注文住宅の収納に関する後悔を減らすためにはどうしたら良い?


せっかくの新築マイホームなのに、実際暮らしてみると収納がいまいちで、収納リフォームを希望する場合が少なからずあります。
余計な時間やお金がかかるのは嫌ですよね。
そのため、建築前にしっかり検討することが重要です。
今回は、収納のポイントと、実際のアイデアの中から役立つものや人気のあるものを紹介します。


□注文住宅の収納を考える際のポイント


収納を検討する際には次の3点がポイントになります。

まず、今住んでいる家の不満足な部分を全て洗い出しましょう。
使いたいのに収納場所が遠い、場所が高すぎる、低すぎるといったものが例として挙げられます。
この洗い出しによって、不満の原因が分かり、新築の収納アイデアや収納スペースの位置や構造の参考にできます。

次に、生活動線に合わせて収納を考えましょう。
これは収納について考える上でもっとも大切なことです。
使いたいものがすぐに使え、しまえる生活空間が形成されれば、生活動線が短くなり、時間にも気持ちにもゆとりのある生活ができるようになります。

最後に予算をしっかり把握しましょう。
収納を増やすほど、部屋は狭くなり、お金もかかります。
どこにどんな収納が本当に必要なのか、収納に予算をいくら割けるのか、できるだけ両方が共に満足できるよう検討しましょう。


□役立つ収納のアイデア


どんな収納アイデアが人気なのでしょうか。
例えば、置くものの用途を問わない収納専用ルームや靴以外にアウターやアウトドア用品を収納できる玄関クロークを作ることで、キャンプ帰りに複数のものを同時に収納することが可能になります。
自分の生活に、何か複数のものを取り出したり収納したりする機会があるか、普段の生活スタイルから想像してみましょう。

また、注文住宅では階段下や床下にデッドスペースができます。
しかし、このような必ずできる無駄な空間を収納に活用すれば、比較的広い収納スペースを獲得できます。
中でも、床下収納においては、一階の好きな場所に作れるのが非常に魅力的です。
他にも、オープンキッチンといった開放的な空間では、見られたくないものを引き戸収納で隠すといった方法もあります。


□まとめ


本記事では、収納を考える際の3つのポイントと、役立つ人気アイデア収納をいくつかご紹介しました。
どうすれば自分にとって使い勝手が良い収納になるか、自分で検討したり、建築会社の方に相談したりしましょう。
埼玉県蓮田市で注文住宅を検討されている方は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。

aqueneous
aqueneous