NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2021年8月24日

注文住宅を検討している方へ!ハウスメーカーと工務店の違いについて紹介します!


「注文住宅はハウスメーカーか工務店のどっちに頼めば良いのだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

この記事では、ハウスメーカーと工務店の違い、またそれぞれのメリットとデメリットについて詳しく解説します。
注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 

□ハウスメーカーと工務店の違いとは


「家を建てたいけど、どこに依頼すれば良いのだろう」
新しく家を建てようとするとき、多くの方がこのような疑問を持たれるのではないでしょうか。

注文住宅を建てる時、依頼する選択肢として挙げられるのが、ハウスメーカーと工務店です。
では、この2つの違いは何なのでしょうか。
ここでは、ハウスメーカーと工務店についてご紹介します。

ハウスメーカーは全国展開している大きな建築会社です。
全国どこでも工事をおこないます。
家の素材や設計が統一されているため、品質も一定です。

一方、工務店は特定の場所を対象としている建築会社です。
設計の自由度が高いため、自分の要望がとおりやすいです。
また、原価率が高く、コストパフォーマンスが良いです。

 

□ハウスメーカーと工務店のメリットとデメリットとは


ここまで、ハウスメーカーと工務店の違いについてご紹介しました。
でも、結局どっちを選べば良いかわからないという方もいらっしゃると思います。
ここからは、ハウスメーカーと工務店のメリットとデメリットについてご紹介します。

まずは、ハウスメーカーについてです。
メリットは品質が安定していること、工期が長期化しないことです。
また、倒産する心配がないこともメリットのひとつです。
デメリットは広告による宣伝費や人件費の影響でコストがアップすることです。

次に、工務店についてです。
メリットは間取りやデザインが自由であること、コストパフォーマンスが高いことです。
また、アフターサービスも充実しています。
デメリットは工務店によって、かかる費用や仕上がり、間取りやデザインの自由度に差があることです。

以上が、ハウスメーカーと工務店のメリットとデメリットについてでした。

 

□まとめ


今回は、ハウスメーカーと工務店の違い、そしてそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介しました。
注文住宅をご検討される際は、ぜひこの記事をお役立てください。

当社はお客様の理想の注文住宅をつくるお手伝いをしています。
注文住宅についてお悩みの方はぜひご相談ください。

aqueneous
aqueneous