NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2021年10月30日

注文住宅の照明の決め方のポイントをご紹介します!


注文住宅のプランを考える際、照明に迷ってしまいませんか。
私達は日々、灯りと共に生きています。
心もほっこりと照らしてくれる照明はこだわって選びたいですよね。
そこで今回は、注文住宅における照明の決め方をご紹介します。

 

□お部屋の雰囲気はこれで決まる!注文住宅におすすめの照明を5つご紹介!


まず1つ目は、シーリングライトです。
こちらは広く一般的に使われていますね。
天井に直接取り付け、部屋全体を均等に効率よく照らせます。

2つ目は、ダウンライトです。
天井に穴を開けて埋め込みます。
陰影を作るので、お部屋を立体的に見せてくれるでしょう。

3つ目は、間接照明です。
照明を隠し、光だけで空間を演出します。
ムードのある柔らかい空間になります。

4つ目は、シャンデリアです。
華やかで装飾性の高い照明器具で、憧れのある方も多いのではないでしょうか。
吊り下げるので、リビングや吹き抜けなど天井の高い空間に適しています。

5つ目は、ペンダントライトです。
こちらも天井から吊り下げるタイプです。
明るさはそこまで強くないので灯数を増やして対応してください。

 

□失敗しない!注文住宅における照明の選び方のポイントを場所別にご紹介!


まずは玄関です。
玄関は最初に目にする空間で、家の第一印象を左右しますよね。
このような場所は、明るさを意識して照明を選びましょう。
顔が明るくはっきりと見えると、訪問客も安心します。

次に、リビングです。
リビングに適した照明はご家庭によって異なってきます。
作業をすることが多いのならば照明は明るい方が良いですが、映画鑑賞したい場合はやや暗めの方がムードが出ますよね。
目的によって調光できるタイプの照明を選ぶことをおすすめします。

そして、ダイニングです。
ダイニングは、ダイニングテーブルのレイアウトに沿って決めましょう。
真上から光を照らすと料理がより映え、暗めの照明にするとバーのような空間を演出できます。

次に、洗面所です。
洗面所では身だしなみを整えることが多いですよね。
そのため、肌の色味が変わってしまう暖色系や寒色系の照明は避けましょう。
昼白色の照明を選ぶと、自然に近い明るさになるのでおすすめです。

最後に、寝室です。
寝室の照明の色は好みによって変えましょう。
就寝時に消す場合は、スイッチの位置まで移動することなくリモコン操作が可能な照明を選ぶと便利です。
また、調光機能があると小さな明かりをつけられるのでおすすめです。

 

□まとめ


今回は、注文住宅における照明についてご紹介しました。
照明はお部屋の雰囲気を決める大切な役割を持ちます。
白岡市周辺で注文住宅をご検討の方は、お気軽に当社にお問い合わせください。

aqueneous
aqueneous