NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2021年9月18日

注文住宅を検討中の方へ!無垢フローリングにするメリットをご紹介!

「無垢フローリングについて知りたい」「無垢フローリングを選ぶメリットについて知りたい」
このようにお悩みの方は必見です。
そこで今回は、無垢フローリングの素材やメリットについて紹介します。

 

□無垢フローリングと複合フローリングの違い


無垢フローリングとは、切り出した木材の一枚板を加工した床材のことです。
素材として使われる木材は、杉やヒノキ、マツが挙げられます。
この床材の魅力は、木そのものを利用するので年月が経つにつれて、色合いや木目の変化を楽しめることです。

熱伝導性が低いので、暖かみを感じられます。
加えて、室内の湿度によって、水分の吸放出を行う調湿作用があります。

複合フローリングは、2層以上になっている床材です。
合板をベースに薄く表面材を貼ったものが多いです。
表面材の素材としては、薄くカットした木材や木目調のプリントがされたシールのようなシートが挙げられます。

最大の魅力は、お手入れがしやすいことです。
掃除がしやすかったり、傷がつきにくかったりします。

 

□無垢フローリングのメリットとは


無垢フローリングのメリットは主に3つあります。

1つ目は、断熱効果があることです。
冬の寒い時期でも冷たさを感じにくくなります。
断熱性は高くありませんが、複合フローリングよりも暖かさを感じられます。

2つ目は、高い調湿作用があることです。
高温多湿の日本では、最も大きなメリットといえるでしょう。
気温が高い夏場でも、さらさらしている足触りが快適です。
さらに、湿度が高い日の不快感も解消してくれるでしょう。

小さな子供がいるご家庭でも、肌に優しい素材を使用しているのでおすすめです。

3つ目は、経年変化を楽しめることです。
例えば、オークやナラの木材は、年月が経つと木目が目立ちます。
スギやヒノキは、木目が薄くなり光のムラがきれいになります。
張った直後以外にも、生活していく中で変化を味わえることが大きな魅力です。

経年変化をもっと楽しみたい方には、枕木をおすすめします。
フローリングよりも、味わいのある表情を見れるでしょう。

以上が無垢フローリングのメリットです。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□まとめ


今回は、伊奈町周辺にお住まいの方へ向けて、無垢フローリングの素材やメリットについて紹介しました。
この先ずっと住み続けていくマイホームをより快適にすることは非常に大切です。
無垢フローリングのメリットや素材に関して質問やお悩みのある方は、お気軽にお問い合わせください。

aqueneous
aqueneous