NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2021年11月18日

注文住宅で快適なお風呂を作るポイントをご紹介します!


 注文住宅の設計で悩まれる方が多いのが浴室です。
今回は注文住宅を建てようとお考えの方へ、快適なお風呂を作る上で参考にしてほしい情報をお届けします。
ぜひ参考にしてください。


□浴室の種類をご紹介!


 快適なお風呂を手に入れるためには、まず浴室の種類について把握しておく必要があります。
大きく3種類のタイプに分類できます。
それぞれの特徴についてご紹介するので、浴室づくりの際に参考にしてください。

1つ目は、ユニットバスです。
 ユニットバスとは、あらかじめ工場で生産された部材やパネルを建築現場まで運搬し、建築現場で組み立てるお風呂のことです。
3タイプの中で最も多く一般住宅に取り入れられています。

2つ目は、造形風呂です。
 造形風呂とは、ユニットバスのように大量生産されたパーツを使うのではなく、完全オーダーメイドで作るお風呂のことです。
木やタイル、石を使用したお風呂も作れます。
見た目からユニットバスとは大きく異なり、浴室空間をこだわりたいという方におすすめのタイプです。

3つ目は、ハーフユニットバスです。
 ハーフユニットバスは、ユニットバスと造形風呂の両方の特徴を持ち合わせた浴室です。
ハーフユニットバスの場合、浴槽や床はユニットバスと同様に工場で生産された部品を建築現場で組み立てますが、壁や天井などはオーダーメイドで作れることが多いです。
ユニットバスと造形風呂のいいところだけを取れるため、ユニットバスも造形風呂もいいなと感じている方におすすめです。


□快適なお風呂を作り上げるポイントをご紹介!


 快適なお風呂を作るために、知っていただきたいポイントが2つあります。
それは、浴室の配置と窓です。

*浴室の配置


 浴室を北側か南側にするかで作り方は大きく変わります。
明るく風や太陽の光を取り込みやすい南側にLDKを優先して、南側に比べて日当たりが悪い事も多く湿気が溜まりやすい北側に水まわりをまとめて配置するご家庭が多いようです。
 一方で、陽当たりの良い南側に浴室を配置することで、浴室内に湿気を溜めずカビや水垢などを防げます。
室内で洗濯物を干すことが考えられる場合は、南側に洗濯物干し場と洗面所・浴室をまとめて配置するのもおすすめです。

*窓


 浴室に窓を設置し採光と通風を確保することは、浴室の快適性を重視するうえで非常に重要なポイントです。
大きめの窓を設置すれば、より開放的な浴室になり、景色を眺めながら入浴を楽しめます。

 しかし、窓の設置で1点注意があります。
それは、防犯面です。
屋内に侵入されたり、覗かれたりするリスクがあるので、割れにくい窓ガラスやすりガラスなどを検討することをおすすめします。


□まとめ


 本記事では、浴室の種類をご紹介しました。
また、快適なお風呂を作るためのポイントもご紹介しました。
注文住宅を建てようとお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

aqueneous
aqueneous