NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2022年5月4日

家づくりの予算の決め方についてご紹介!

「家づくりの予算の決め方について知りたい」
「家づくりの予算オーバー予防法とは」
この記事では、家づくりの予算の決め方や家づくりの予算オーバー予防法について紹介します。
この内容が気になる方はぜひご覧ください。


□家づくりの予算の決め方についてご紹介!


今回は予算を決める手順について紹介していきます。

初めに、住宅の購入に充てる自己資金の額を決めます。
住宅の価格は、購入時にかかる金額と購入後にかかる金額の合計で決まります。
そのため、住宅にかけることができる自己資金を明確にしましょう。
新たに入居するためには、引っ越しや入居の費用、登記費用や税金などさまざまなコストがかかります。

次に、住宅ローンの借入金額を決めましょう。
融資額を決めるためには、金利をもとに総支払金額を計算して、毎月の返済金額を明らかにしておく必要があります。
安定してローンの返済を続けるためにも無理のない計画を立てる必要があります。

最後に、住宅の購入資金限度額を計算します。
土地の購入や借入資金を計算したうえで、最終的に建物にかけられる予算を割り出す必要があるのでしっかり確認しておきましょう。


□家づくりの予算オーバー予防法とは?


家づくりの予算オーバーしないための予防法について3つ紹介します。

1つ目は、予算は厳守したいと住宅会社に伝えることです。
予算オーバーしたまま無理をして家を建ててしまい、毎月の支払いが苦しいなどといったケースがあります。
そのため、自分たちで限界を超えた予算オーバーがないように計画を進めていきましょう。

2つ目は、外構は後回しにすることです。
注文住宅を建てる際、外構工事も一緒に頼むことが多いと思います。
しかし、外構までこだわりを持って進めていくと、150から200万円ほどかかってしまうことがあります。
駐車場や植栽など、最低限の外構のみを頼み、後々生活をしていくうえで、家族でゆっくり庭づくりを楽しんでいくようにすると予算の削減にもつながるのでおすすめです。

3つ目は、住宅ローンの見直しをすることです。
予算額をオーバーしても、住宅ローンの金利次第では、毎月の返済額を大幅に減らすことができます。
注文住宅でローンの計画を立てていくとき、複数の銀行で審査を受けてから住宅ローンの計画を立てていきましょう。
借り入れの金額が多くなったとしても、低い金利で借りることができたら、毎月の返済額はかなり変わってきます。


□まとめ


この記事では、家づくりの予算の決め方や家づくりの予算オーバー予防法について紹介しました。
この内容を参考にしていただけると幸いです。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にご相談ください。
特に、伊奈町・白岡市・久喜市周辺で注文住宅を考えている方はぜひお任せください。

aqueneous
aqueneous