NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2020年9月24日

蓮田市で注文住宅を検討中の方!失敗しないためのポイントを紹介します!


注文住宅の購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
せっかくの注文住宅、こだわって建てるからには失敗したくないですよね。
そこで今回は、蓮田市で注文住宅の販売を手がける当社が、注文住宅で失敗しないためのポイントを
ご紹介します。

 

□注文住宅の失敗例をご紹介


まず、実際に注文住宅を購入された方の失敗例をご紹介します。

まず、間取りに関する失敗例です。
部屋の広さや部屋の数に関して、自分の意見をもっと反映させれば良かったと後悔される方がとても多いです。
部屋の用途を明確にし、部屋ごとに必要な家具までしっかりとご自身で考えた上で、間取りの計画を立てることが
大切でしょう。

また、生活動線を考慮すればよかったと後悔される方も多いです。
洗濯室とベランダが遠く、家事に手間がかかる。
トイレを玄関の近くに配置したため、来客があると他の家族がトイレを使いづらいといった声が挙げられます。

次に、設備に関する失敗例です。
コンセントや収納、トイレの数が十分でなかったり、防暑、防寒、防音にまで配慮し切れなかったなどで
後悔されるケースが多く挙げられます。

最後に、外装や外構に関する失敗例です。
ベランダや車庫のスペースが狭過ぎたという声や、外壁材が想像していたものとは異なっていたという声が多いです。
将来的に家族が増えることで洗濯物が増えたり、大きな車に買い換えたりする可能性のある方は多いと思いますが、
将来的な視点から間取りを設計することも大切でしょう。



 

□注文住宅で失敗しないためのポイントとは


それでは、注文住宅で失敗しないためにはどのようにすれば良いでしょうか。
今回は3つのポイントをご紹介します。

1つ目は、可変性のある間取りにすることです。
可変性を残しておくことで、将来的な変化に対応しやすくなります。
造り付け家具を設けないことや、2階建ての家を老後は1階だけで生活できるよう設計することが、
可変性を取り入れた間取りの例として挙げられます。

2つ目は、自分の中の常識を捨てることです。
見た目や流行にとらわれたり、憧れの間取りに無理に合わせようとしたりするのではなく、今の生活習慣を基盤に
理想や憧れを取り入れながら計画することが大切でしょう。

3つ目は、実績が豊富で提案力のある業者に依頼することです。
注文住宅の実績が豊富な業者なら、過去の依頼者からの後悔の声も蓄積されているでしょう。

また、依頼者自身が出来るだけ多くの失敗例を参考に、一つ一つ対策を行っていくことも大切です。



 

□まとめ


今回は、注文住宅で失敗しないためのポイントをご紹介しました。

実際の失敗例を参考に対策を行っていくことが大切です。
当社は蓮田市で注文住宅の販売を手掛けております。
注文住宅の購入をお考えの方は、当社までお気軽にお問い合わせ下さい。

aqueneous
aqueneous