NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2020年10月1日

注文住宅に和室は必要?おすすめの理由を蓮田市の業者が解説します!


住宅の購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅の購入を考えているけれど、どんな部屋を作ろうか間取りに迷う方も
多いでしょう。
中には、和室を作ろうと考えている方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、注文住宅で和室を作ることをお勧めする理由について解説します。

 

□和室を作ることをおすすめする理由


和室をおすすめする理由として、まず洋室と異なる使い方ができることが挙げられるでしょう。
和室には特別な空間というイメージを持っていらっしゃる方も多いため、正月やひな祭りといった
特別な日に食卓を囲む場所として利用されるのもおすすめです。

次に、お客様をお呼びする際に役立つというメリットがあるでしょう。
和室でおもてなしをする場合には、基本的には座敷として床に座っていただくことになりますが
畳はフローリングとはまた違った趣があり、落ち着くと感じる方が多いのではないでしょうか。
人数やおもてなしの内容によって、和室の空間を自由自在にカスタマイズすることができるのも
魅力の一つです。
また、和室に布団を敷くことで寝室にもなり、まるで旅館に泊まっているような
気分でくつろげます。
このように、和室が一部屋あるだけでさまざま用途として利用できます。



 

□和室を作るポイント


和室を設ける際にどの位置に設けるか、どのくらいの広さにするかなど意識しておくべきポイントは
いくつかあります。
まず、和室の位置ですが、利用用途に合わせて決めると良いでしょう。
例えば、和室を客間として利用するならば、玄関近くに配置して、すぐ入れる場所にしておくと便利です。
広さに関しても同様に、例えば休憩用スペースとして利用する場合は4~5畳程度、寝室として利用する場合は
最低でも6畳程度は必要です。

次に押入れですが、こちらは何を入れておきたいかを考えながら、大きさを考えると良いでしょう。
客人用の布団を入れておく空間として利用し、空いたスペースに日用品を入れるなど効率よく活用できると
無駄なスペースがなくなります。

また、和室に関して少し抵抗がある場合は、現代のライフスタイルや家全体のテイストに合わせた
モダンな和室を作るのもおすすめです。
畳や壁紙を、皆さんがイメージしている和室の色とは少し違う色に変えるだけで、印象はまったく異なります。
このように、色や柄を変えるだけで自分たちのオリジナルの和室を実現できるでしょう。



 

□まとめ


今回は、注文住宅で和室を作るおすすめの理由について解説しました。
若い時は和室の良さが分からなくとも、年を取るにつれ和室の良さに気づく場合も多いので
住宅を購入する際は、和室を間取りの候補の1つにしてみてください。
また、和室の位置や広さに困った場合は、用途をイメージすると決めやすいでしょう。

注文住宅の購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。
当社は蓮田市で注文住宅の販売やリフォーム事業を手がけております。
蓮田市の住宅に関するお問い合わせがございましたら、当社までお気軽にご相談ください。

aqueneous
aqueneous