NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2020年10月9日

蓮田市にお住まいの方へ!気密性が高い注文住宅についてご紹介します


注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅の性能を決める際に、どんな性能が高ければ自分は満足なのかが分からないという方も
いらっしゃるかと思われます。
住宅の性能を決めるポイントはたくさんありますが、今回は、気密性が高い注文住宅について
ご紹介します。

 

□気密性が高い住宅が必要な理由


そもそも気密性が高い住宅とは、どのような住宅なのでしょうか。
簡潔に答えると、できるだけ隙間をつくらないように建てられた家のことです。
では、なぜ気密性が高い住宅が必要なのでしょうか。

理由の一つとして、省エネ性能を高めてくれることが挙げられます。
気密性が高い住宅は、隙間がほとんどないため空気が外に漏れにくく、また外からの空気の流入も
防いでくれます。
その結果、冷暖房といった空調設備で設定した温度を一定に保つ効果が働き、冷暖房効率が高くなるので
省エネに繋がります。
また、温度を一定に保ちやすいことから断熱性能の向上も期待できるでしょう。

次に、室内の結露の防止に役立つことが挙げられます。
屋外と室内の気温差によって発生する結露は、放置しておくとカビが発生したり、建材の腐食を
もたらすおそれがあるので危険です。
建材の腐食は住宅の劣化につながるため、修復する際に多額のお金がかかる場合があるでしょう。
また、結露は、冬の寒い時期は毎日のように発生するため、雑巾で拭くのも大変です。
よって住宅の老朽化を防ぐためにも、気密性は重視すべきポイントなのです。



 

□気密性が高い住宅に住むメリット


住宅を高気密化することで得られるメリットとしては、省エネ性、耐久性、快適性の3つがあります。
省エネ性や耐久性は先ほどお話した内容と被りますので、ここでは快適性についてお話しします。

気密性が高い住宅は換気効率が良いため、体に害のある物質を効率的に屋外へ排出してくれます。
換気効率が良いと、きれいな空気が室内に維持されやすいため、快適で健康的な室内環境が作れるでしょう。

また、健康面ではヒートショックによるリスクも軽減できます。
ヒートショックとは、暖かい場所から急激に寒い場所へ移動した際に起こる症状です。
発症すると血圧が一気に上がり、意識を失ったり心筋梗塞を引き起こしたりするため、注意が必要です。


 

□まとめ


今回は、気密性が高い注文住宅についてご紹介しました。
住宅の購入は決して安い買い物ではないため、予算をできるだけ削減したい方も多いでしょう。
しかし、住宅の性能が低いと後悔する可能性が高くなるので、気密性といった住宅の性能に関する部分への
費用の削減は、控えたほうがよいと思われます。

省エネ住宅に関する情報が知りたい場合は、ぜひこの記事を参考にしてください。
当社は蓮田市で注文住宅の販売を手がけており、省エネ住宅を得意としております。
注文住宅・省エネ住宅の購入をお考えの方、住宅に関する疑問点がございましたら
当社までお気軽にお問い合わせ下さいね。

aqueneous
aqueneous