NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2020年10月29日

注文住宅をお考えの方に断熱材を選ぶポイントをご紹介します!


注文住宅をお考えの方で断熱材選びにお困りの方はいらっしゃいませんか。
何を基準にして選べば良いか分からず、断熱材を決めきれないという方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、断熱材を選ぶポイントをご紹介します。
断熱材選びに困っていた方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

□断熱材の種類


断熱材を選ぶ前に、そもそもどのような種類の断熱材があるかご存知でしょうか。
目的に合った断熱材を選ぶためにも、まず断熱材の種類についてご紹介します。
断熱材は、素材によって繊維系断熱材と発泡プラスチック系断熱材の2つに分けられます。
この2つの断熱材を、さらに細かく素材ごとに分けると9種類ほど存在しますが、まずは2つの断熱材の
違いを押さえておきましょう。

まず、繊維系断熱材に関してですが、ガラスを繊維状にしたもので、繊維の隙間に空気を閉じ込めた
断熱材のことです。
細かい繊維が複雑に絡み合っているのが特徴で、価格の安さがメリットとして挙げられるでしょう。
また、防音性にも優れており、多くの住宅で採用されていますが、湿気に弱いということも覚えておいて
ください。

次に発泡プラスチック系断熱材ですが、プラスチックを発泡させ、細かい気泡の中に空気を閉じ込めた断熱材を
表します。
熱伝導率は、プラスチックの性能だけでなく、閉じ込めているガスの気泡の数や大きさによって変わってきます。



 

□断熱材の選び方


断熱材を選ぶ際に重要になるのが、素材の性質や厚みです。
断熱性能は素材の性質や厚みで決まるため、断熱材の性質と厚みを比較するのが断熱性能の高い断熱材を選ぶ方法でしょう。

断熱性能の高さは、断熱材の厚さと熱伝導率が分かれば求められます。
具体的に、厚みがあって熱伝導率が低ければ低いほど、断熱性能は高くなります。
しかし、注意していただきたいのは、必ずしも断熱性能が高い断熱材が良いというわけではありません。
地域の気候によって適した断熱材は変わるため、業者に相談しながらお住まいに合った断熱材を選ぶようにしましょう。

また、断熱材を選ぶ際は費用も意識しましょう。
住宅の建設にかけられる費用から逆算して、断熱材に使用できる予算を導き出し、その予算内で購入できる断熱材を選ぶことも
重要です。



 

□まとめ


今回は、断熱材を選ぶポイントをご紹介しました。
断熱材を選ぶ際は、素材の性質や厚みを比較して選ぶとよいと思います。
断熱材は種類が多いため、大きな枠組みで特徴だけを押さえると考えやすいでしょう。
当社は蓮田市で注文住宅の販売を手掛けております。
住宅の購入をお考えの方は、当社までお気軽にお問い合わせ下さい。

aqueneous
aqueneous