NEWS&BLOG

ニュース&ブログ

2021年11月14日

注文住宅をお考えの方必見!生活しやすい間取りをご紹介!



「注文住宅の間取りってどうやって決めればいいの?」
「具体的な間取り例があれば知りたい」
 そんな疑問やお悩みをお持ちの方に、今回は住みやすい間取りの特徴とおすすめの間取り例をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。


□住みやすい間取りってどんな間取り?


 住みやすい間取りとはどんな間取りのことでしょうか。
結論から申し上げますと、住みやすい間取りに確固たる正解はありません。

 家族構成やライフスタイル等によって、それぞれの家庭ごとに住みやすい間取りがあります。
それでも住みやすい間取りにするためのポイントは共通しています。
それは、家族の生活動線です。

 生活動線とは家の中を移動するときのルートで、家の中で混雑しないように生活動線を考えて間取り作りをする必要があります。
動線が重なる場所にリビングをもってくると、家族みんなが集まりやすくなるのでおすすめです。
掃除や洗濯等の移動ルートである、家事動線も同様に考慮すると、日々の家事がしやすくなります。


□快適な生活空間にするためのおすすめの間取りをご紹介!


 住みやすい間取りには、具体的にどんな間取りがあるのでしょうか。
ここでは、住みやすい間取りの例として、対面式キッチン、リビング階段、ウォークインクローゼットをご紹介します。


*対面式キッチン


 住宅にLDKの間取りをお考えの場合におすすめなのが対面式キッチンです。
また、家族との会話やコミュニケーションを大切にしたいとお考えの方にもおすすめの間取りです。

 独立型のキッチンの場合、リビングに背を向けながら料理することになるため、家族の様子を見守ることは難しいです。
しかし対面キッチンであれば、料理をしながらリビング全体を見渡せるため、小さなお子さんがいるご家庭でも様子を見守りながら安心して料理できます。
 また、料理を作りながら、リビングにいるご家族とコミュニケーションも取れます。


*リビング階段


 リビング階段とは、リビングに取り付ける階段のことです。
玄関から2階に上がる階段とは違い、家族の集まるリビングを通過することが1番の特徴です。
 ご家族が帰ってきたときに調理をしていても、自分の部屋に移動する家族の様子を確認できるのでおすすめです。
階段下には収納スペースを作ると非常に便利です。


*ウォークインクローゼット


 ウォークインクローゼットは、家族の人数が多いご家庭におすすめの間取りです。
通常のクローゼットよりも広い収納スペースを確保できるため、たくさんの物を収納できます。


□まとめ


 本記事では、住みやすい間取りの特徴とおすすめの間取り例をご紹介しました。
参考にしていただければ幸いです。
 当社は、お客様の家づくりをサポートしています。
注文住宅をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

aqueneous
aqueneous